昼間弱の温度は高くても・太陽はイメージに改善で本物の秋

長年予報では9月々の温度が高くなるだろうとあり、台風通過し9月になってみれば予報通りの夏季温度だ。
暦では二十四節気など目安としては秋というピークですが、夏季クライマックスの気温が8月々から9月にシフトして要る様なインプレッションが行なう。

33℃は空模様の分別からしてミッドサマー日光の温度、8月々空模様からなごりの景色は思いのほか涼しくなっていますが、秋風という感覚で気持ち良いのは朝夕。
温度が直し始めるのは午前の8状態ぐらい、9時でもまだまだは涼しさ感じますが陽が高くなって行く段階だ。

9月々も夏季の様な温度になるけれど、暦からすれば秋というだけあってこういう日光の高さや角度は変化、大通りの街角樹周辺には木陰空間が秋という感じでできていました。
空間としては微少けれど8月には見られなかった木陰、秋に向かうというので日光が安くなりつつある様です。

こういう歩道空間はそこそこすくすくの路地、低温の夏季も路地尖端に木陰はできていなかった。
湿度が乏しい景色も秋ですが日光の角度もピーク印象としてみれば、こういった木陰も本物の秋をもらいさせます。

陽ざしといえば解りやすいのが晴れた日光の夕刻、夕焼けの色つやもちゃんと観察してみると季節ごとに微妙な不同、秋は黄金色つやのようでしなやか色つやをしています。
木の葉のイチョウの君でもあり、きらきらとして心からきれい、精神はやっぱ秋の光景にありですね。ライン攻略サイトはこちら