栃木県内佐野市犬伏新街路、真田昌幸・信幸・信繁、犬伏の分かれ。

NHKの大河ドラマ「真田丸」で昌幸・信幸・信繁の家族の戦国乱世での個々の生き残りって、真田家屋というマイホームの継続の為、上杉・織田・武田・徳川・北条の戦国大名にわたりの中で、敵手になったり後押しになったりといった、戦国時代の年季好きにとっては最高に楽しいドラマです。三谷幸喜君の力作ということもあって少数ユーモラスを交えての脚色ではありますが、年季の考証は3人の有力な年季家屋がするので全体の目次は史実を忠実に復元していると思います。最後は大阪夏季の達で主力の真田信繁が討ち死にして成し遂げることになります。自力は群馬県内みどり市の住民で徳川さん始まりの仕事場です太田市(徳川町)は手元にあります。徳川さんは清和根幹さんの流れを汲む氏族で根幹義重が開山となります。根幹義国が京都から上野(現群馬県内)の高崎八幡荘に居を構えてからその年季は始まります。徳川さん縁の社寺とか歴史的に重要な建物・城跡も沢山あります。その群馬県内としては前もって先端のある徳川さんといった最後まで敵手として戦った真田さん、どちらにも縁のあるものが沢山あります。ポツポツ複雑な想いでドラマを見ていらっしゃる。そうして、家族が絶交を通じても真田家屋の継続を願い、競り合うことを気力をした、下野の犬伏(現佐野市)。佐野には個人的に先端があります。いつかところこの土地はよく知っていますし、幾度となく訪れています。本日、NHKの真田丸を確かめるまでは正直真田家屋の存亡をかけた家族3人の会議がここ犬伏で行われていたのは知りませんでした。後々、改めて犬伏を訪れてその年季の景色に触れてみたいと思います。http://www.savethegouldian.org/