稲刈りに関しましておもう出来事(籾摺り)

9月も中旬にむかっていますし、稲刈りも始まってきました。自分は稲刈りをしているのを見て去年、おばの住宅に世話に行ったことを思い出しました。
 おばの家で稲刈りがおわったので、籾摺りを朝方9チャンスからやるので手伝ってくれと言われたので、自分は9時に到着するように住宅を出ました。自分がおばの住宅に到着した頃には籾摺りの機器の調節ができていて、タスクが始まっていました。いちはやく、自分は手袋を通して、玄米の包み詰(30kg)を運びました。しょっちゅう玄米を冷蔵庫に保管するが、仕事場から冷蔵庫まで離れているので、一輪車に乗せて米袋を運ぶのです。運ぶのはヤバイでした。採取的には22包み,11俵の漁獲でした。冷蔵庫は一杯になりました。籾摺りが終わると片づけになります。籾摺り好機をきれいに補修しないと、ネズミがやって来て来季、機器が正常に作動しなく変わるようないたずらをします。そのため後片づけはとても大切なのです。とりあえず機器の外せる所は外します。機器の中にあるくずを収斂感じで吹き飛ばしきれいにします。そんなにしないとその余裕からネズミが入って囮として食べてしまうのです。またマークもかじってしまうので大変です。きれいに掃除して来季も助かるように、機器をしまう。階級1頻度スパンしか使わない機器ですが、大切な機器補修となります。
ここからご登録下さい。http://realchoiceinillinois.org/