1日々食べてある蕎麦にもピークがある

蕎麦は年がら年中食べられるので、旬の年代を気にする方法は少ないと思います。
麺類ならラーメン派の私も、蕎麦には断じて期待を示さずに生きてきました。
ただし、最近は屈強を意識し、カロリーのおっきいラーメンよりも栄養素価が厳しい蕎麦を摂る機会が増えています。
そこで、いっそ美味しい蕎麦を食べたいと思い、蕎麦の旨い年代を調べてみました。

蕎麦のハイレベルは、夏季という秋の階級2回あります。
蕎麦の値打ち年代を通じて呼び名が異なり、夏季(7〜8月)に収穫されたものは夏季蕎麦(夏季new)、秋(9〜11月収)に収穫されたものは秋蕎麦(秋new)といいます。
共に新蕎麦と呼ばれていますが、夏季蕎麦よりも秋蕎麦の方がテーストも素晴らしく、おいしいのだそうです。

また、蕎麦を生育始める地域の空模様を通じて、播種年代や値打ち年代も違ってきます。
例えば、蕎麦の収穫量一番を誇る北海道では、値打ちが階級1回のみで、値打ち年代は8〜10月収につき、夏季蕎麦って秋蕎麦の仕分けがないそうです。

ハイレベルを知ったら、テースト豊かな秋蕎麦を食べたくなると思います。
そこで、新蕎麦催しをめぐってみてはいかがでしょうか。
新蕎麦催しは、蕎麦の名産箇所・長野県の他、北海道や島根県内などでも行われてあり、収穫されたばかりの蕎麦粉による秋蕎麦を味わうことができます。
開始配列によっては全国の蕎麦を食べ見比べできたり、蕎麦打ち事象ができたり行う。

開始お天道様は、9月収〜11月収のところが多いようです。
蕎麦好みもそうでない方も、どうしても秋の秋蕎麦を食べてください。公式サイトはコチラ